​~大和の国の姫巫女たち~

日本は「世界歴史最長国」知ってる?

​大和の国・日本は、美しき姫巫女に守り継がれし尊い歴史を持つ国です!

大和国の始まりです!(^o^)/

NOW.LOOK!

母娘

​※

​天照大御神

あまてらすおおみかみ

●弥生時代

台与

とよ

unnamed (8).jpg

卑弥呼

ひみこ

    日本神話の主神

日本神話の主宰伸・皇祖神。

​太陽神の性格と、巫女の性格を併せ持つ女神。

      後継者

卑弥呼様の娘。

卑弥呼滅後、わずか13歳にして邪馬台国の女王に即位した。

      邪馬台国の女王

卑弥呼は、命がけの厳しい荒行を乗り越え

「神」のご神託を受ける媛巫女となり

予知力により数々の危機をも乗り越える。

「邪馬台国」の民は、卑弥呼様による政で

国が繁栄することを喜ばれた。

※天照大御神と卑弥呼は同一人物であると

 いう説がある。

参照:『女王の国』​(著)松本清張ほか

​ 三種の神器・草薙剣

素戔嗚は、八岐大蛇を

退治した際に獲た草薙剣を

天照大御神に献上した。

姉弟

八重垣神社

素戔嗚尊が櫛名田比売と共に暮らす宮として建立されたとする。素戔嗚尊が詠んだ日本初の和歌で知られ、日本最古の壁画が収められている。

素戔嗚尊

すさのおのみこと

櫛名田比売(稲田媛)

くしなだひめ

​夫婦

​  天照大御神の弟君

荒神と称される。

八岐大蛇を退治した英雄。

​退治の際に手にした草薙剣を

天照大御神に献上した。

   素戔嗚尊の妻

​八岐大蛇の生贄になる所を

​素戔嗚尊に助けられ妻となる。

水神の巫女であったという説が

あり、大和撫子の語源とされる。

出雲大社

素戔嗚尊より賜り、天照大御神への国譲りの条件として建立された。

大国主命は、稲葉の白兎の逸話でもよく知られ民に親しまれている神。

子孫(5代)

大国主命

おおくにぬしのみこと

  日本国の創立者

素戔嗚尊の子孫。日本国の創立後、天照大御神に国を譲られた。

出雲大社の主祭神。

​夫婦

​日本武尊

やまとたけるのみこと

宮簀媛

みやずひめ

  熱田神宮創始者・国造

日本武尊の妻。

日本武尊亡き後、授かっていた草薙剣を御魂代として熱田神宮を建て生涯にわたり、守り継がれた。

  日本の伝説的・英雄

景行天皇の皇子。

知恵と武勇により、熊襲征討・東国征討を行った。出立の際、

宮簀媛に草薙剣を授ける。

​倭姫命

やまとひめのみこと

​​  伊勢神宮の初代斎王

天照大御神の御杖代として、

信託により、伊勢神宮を創建し

天照大御神にお仕えする。

​甥の日本武尊に草薙剣を授ける。

熱田神宮

宮簀媛により、三種の神器・草薙剣を御神体として祀られ建立された。1900年の歴史を持つ格式の高い神宮である。

親子

伊勢神宮

天照大御神の依り代である「八咫の鏡」を伊勢の地に祀られたことが伊勢神宮のはじまり​であり、2000年の歴史を持つ。​

宇佐八幡宮

全国4万社の八幡宮総本宮

勝利を治め遠征から帰還した神功皇后が

​応神天皇を出産したと伝えられる。

宇佐八幡宮の巫女が卑弥呼であった

という説がある。

​仲哀天皇

ちゅうあいてんのう

日本武尊の皇子。

先帝崩御のち即位する。

​熊襲との戦いに敗れ、後

築紫で崩御する。

    日本初の摂政

神の信託を受け、夫(天皇)崩御の後、身重の身体で出兵する。  

戦わずして熊襲討伐を達成した勝利の女神の崇められる。

 天照大神と同一人物という説がある。

神宮皇后

じんぐうこうごう

unnamed (4).jpg

​夫婦

親子

​八幡大神

​おうじんてんのう

 応神天皇

        八幡大神

全国の八幡神社に祀られている神。

精力的に領地の拡大を図り、武勇伝も多く、武将も崇敬した天皇。

繁栄の象徴として、源氏の氏神として

​広く信仰されている。

●古墳時代~飛鳥時代

親族

推古天皇

すいこ てんのう

​聖徳太子

しょうとくたいし

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon