top of page
➀.png

国の宝、珊瑚礁。

世界最古の生命体であり、母なる海にわずか2%の面積のみ存在する「珊瑚礁」。その周りには、地球全体の約4分の1、9万3000種を超える海洋生物が生息しています。二酸化炭素を吸収し、酸素を生成することのできる珊瑚礁は、地球環境の保全に貢献し、命を育む貴重な生命体であり、古より”如来の化身”や”観音菩薩”などと例えられ、世界各国の歴史の中で、「国の宝」と称されてきました。
しかしながら、今、地球温暖化の影響により、美しい海にしか生きられない珊瑚礁の死滅が始まっています。
これからの未来、海洋生物たちにも大きく影響を及ぼすことになるでしょう。

100年程の寿命しか持たない人間は、47億年もの歴史を持つ地球を支配できるはずありません。地球の大自然に生み、育ててもらっている生命体の一つでしかないのです。我々の先祖が億億万の昔から、必死で命をつないでくれたからこそ、我が命があるのです。その命を絶やすことなく、次の世代につなぐために、天然・自然の前に、どれだけ謙虚になり、この命に感謝できるかが​何よりも先決であると思います。

珊瑚ノ宮は、未来ある子どもたちのために

最古の珊瑚礁、世界最長の尊き日本の歴史を伝え広めてまいります。

天地に​ 神仏在りし この世に

生まれしを、ありがたし徳とする

この世は、自然(神)の力にて現れし

天の神

地の神

神に与えられし「命」賜りたる

己が役目をもちて、生まれしこと、

まずの佳きこと

賜りし「命」を全うし、滅すること

尊き 善きこと

佳きこと と、善きこと を、祈して

神に、舞い奉る

​            八重垣

​        

bottom of page